国立大学2次試験

国立大学の2次試験。受験生の方は、勝負の時です。なんと、国立で産科医療・格差など出題!時代の流れに沿った問題も出題されましることに。今回の国立の出題傾向といえます。文部科学省では、新聞やニュースで見るんですが、25日から始まる前期日程について、国立80大学348学部では受験対象者数が18万2336人のうち17万3776人が受験し、なんと欠席率は4・7%。前年より0・1ポイント減少するそうです。国立大学の2次試験の受験者数は少しでも減少はするものの受験生は競争率が高く大変ですね。先ほども前述したように、国立大学の2次試験では、格差や産科医療の窮状など、最近の社会問題をテーマにした出題が目立った。例えば、「格差」を小論文で取り上げた大学もあるようでした。そして、お産を取り扱う医療従事者や施設の問題を踏まえて、産科医療の課題をまとめるような問題もあるようでした。

国立大学2次試験(後期試験)の日程

国立大学の二次試験のことを耳にすると、受験シーズンも終盤だなぁと感じます。しかし、後期テストを受験する受験生がいるもの事実ですよね。しかも、私が気になっているのは、本当に国立を受験する人数も少なくなり、周りではもう入学を決めている友人なども結構いますが、焦らないで頑張りましょう。そして、国立大学の2次試験でも合格発表はドキドキです。なんで合格発表はあんなにドキドキするんですかね?今、幸せなのは、国立大学の2次試験でも、チャンスがあるのが嬉しいことです。昔だと今とは受験のシステムも違い、チャンスの面から言えば今のほうが増えています。後は、日程次第で国立大学の2次試験の日程に合わせて、自分の体調だけを万端に整えて受験に挑みたいものですね。大学生、予備校生が今最後の追い込みをかけていることと思いますが、まだまだ長い人生のスタート地点。合格後は、今後の進路を含めて一生懸命努力して欲しいですね。

国立大学2次試験の合格発表

国立大学2次試験で検索すると、私はてっきりヒットするのかと思っていると、職員のテストもヒットしました。なんだかインターネットって面白いですね。せっかく検索してヒットしたのも何かの縁と思い、そのサイトを覘いてみました。検索したサイトは、平成20年度東北地区国立大学法人職員採用事務系(図書)の職員を募集している、東北地区国立大学法人等採用試験実施委員会のサイトでした。職員の募集要項が詳しく分かりやすく載っている。職員テストでも、一次があり、通った方だけが2次テストに進むのですが、国立大学2次試験でヒットしたんだと思います。覘いてみると、このテストも大変だと思いす。そして、今回の国立大学2次試験で検索したように空いている時間に検索するのもいい時間潰しになりますよ。こういった合格発表があるテストは、努力と関係なく結果がでるものですが、これは社会では当たり前のことなのでダメな場合は更に頑張りたいですよね。

最新情報


おみくじは 中吉


ラッキーカラーは 薔薇色


ラッキーな場所は CD屋


最終更新日 2014/10/23/ 23:26:44

18 dummydummy dummy dummy